• こうもり駆除の注意点

    こうもり駆除をする場合に注意するべき点としては、まず捕獲や命を奪うなどの行為ができません。日本各地の都市部に生息するこうもりはアブラコウモリと呼ばれる種類です。

    アブラコウモリは人間の住居の屋根裏や建設物の隙間などに侵入して巣を形成するため、家コウモリとも呼ばれます。

    日本では鳥獣保護法により野生の鳥類と哺乳類の捕獲などが禁止されています。

    アブラコウモリも鳥獣保護法による保護の対象となっており、原則として捕獲することができません。


    生態系や農業などに被害がある場合には例外的に捕獲することが可能ですが、環境大臣か都道府県知事の許可が必要です。

    そのため基本的なこうもり駆除の方法は追い出しになります。


    プロのこうもり駆除業者は捕獲の許可を得ていますが一般的に追い出し、清掃と消毒、忌避剤の散布、そして侵入経路の封鎖という作業を行います。

    アブラコウモリの巣は多い場合には100頭以上になることもあり、まき散らされた糞尿は悪臭だけでなく病原菌や害虫発生の原因となります。

    清掃後はしっかり消毒することが必要です。またアブラコウモリはわずかな隙間からでも侵入することができます。



    追い出して巣を撤去するだけでなく再び侵入されないように忌避剤を散布し、侵入経路を封鎖しなければなりません。

    これらの作業を個人で行うこともできます。

    Yahoo!知恵袋に今、注目が集まっています。

    一方こうもり駆除は技術と経験が必要になる作業なので、確実に行うためには駆除業者に依頼した方が合理的です。